SKIP

オーダーインソールとは?

足の痛みやトラブルは、
オーダーインソールで解消

オーダーインソールとは、
「一人ひとりの足に合わせて設計して作るオーダーメイドの靴の中敷き」

のことです。

様々な足のトラブルを始め、膝や股関節の障害、リウマチや麻痺などによる歩行障害などでお悩みのあなたのために、
ドイツ整形外科靴マイスターから学んだ「整形靴技術(オーソペディシューテクニック)」と呼ばれる専門技術と、7000足を超える作製経験を活かして、
1足1足丁寧にオーダーインソールをお作りします。

オーダーインソールをご希望の場合、
まずはお電話もしくはメールフォームにてご予約ください。

ご予約・お問い合わせはこちらへ
053-452-6432<ご予約の方を優先しております>
営業時間
10:00~18:30
定休日
日曜・月曜

足裏にある米粒ほどの、小さな、小さなウオノメが原因で、外出がおっくうに。

「もう外出することが億劫になりましてね・・・」

以前、ご相談に来られたとあるお客さまから、そう打ち明けられました。お話を伺っていると、足裏にある米粒ほどの、小さな、小さなウオノメがその原因でした。

そんな小さなウオノメがその方の日常生活、いや人生までにも悪影響を与えてしまう現実があります。

しかし、そういった足裏の状態に合わせてインソールをお作りすることで、痛みを和らげる効果は十分に期待できます。

ぜひ諦めずに、当店にご相談いただきたいです。

メガネや補聴器と同じように一人ひとりの足に合わせます

日本での認知度はまだまだですが、靴の文化が進んだドイツをはじめとするヨーロッパやアメリカなどでは、足のさまざまなトラブルにはオーダーインソールで対処するのが一般的です。

そもそも眼が悪くなったら検眼してメガネやコンタクトを一人ひとりの眼の状態に合わせて調整しますよね。また、耳が遠くなったりした場合も一人ひとりの聴力に合わせて補聴器を調整するはずです。

足の痛みなどのトラブルに関しては、足に合った靴とオーダーインソールで対処することが、もっとも適切な手段のひとつといえます。

整形靴技術(オーソペディ・シューテクニック)とは?

ドイツでは、第一次世界大戦で多くの兵士が足に障害を負ったために、靴メーカーと整形外科医が力を合わせて彼らのために靴を作るようになりました。

やがて彼らの特別な靴作りの技術が確立していき、1937年にドイツ整形靴マイスターという国家資格としてドイツで正式に認められました。

現在、ドイツ整形靴マイスターは、整形外科的な知識や技術(オーソペディ・シューテクニック)を靴作りに活かして、ドイツをはじめ、世界各国で活躍しています。

当店では、そのドイツ整形靴マイスターから学んだ知識や技術を活かして、お客さまの足と靴のトラブルを解消すべく、1足1足丁寧に気持ちを込めてオーダーインソールをお作りしてします。

それでは、このオーダーインソールの効果とはどのようなものなのか、次のページでご説明します。