SKIP

【コラム】フィンコンフォートの素晴らしさを語る。〜ドイツが誇る靴ブランド "Finn Comfort" 〜





今回は「FinnComfort(フィンコンフォート)」という当店の定番ブランドをご紹介させていただきます。

このフィンコンフォートは、外反母趾や扁平足、膝や股関節の痛みなど、足元に悩みをかかえる方や、そういった足のトラブルを予防したいという方にオススメの、ドイツが誇る最高級のコンフォートシューズブランドです。

フィンコンフォートを開発したヴァルディ社は、1945年にドイツ南部にあるハッスフルトという小さな街で子供靴のメーカーとしてスタートしました。

1980年頃から整形外科医や整形外科靴マイスターといった専門家と共同して、いろいろな足の変形を予防できる靴の開発をすすめ、1986年にこのフィンコンフォートというブランドを立ち上げました。

現在では、48カ国以上の国々にも輸出している、ドイツコンフォートシューズメーカーの最大手となっています。

今から15年ほど前に、ハッスフルトにあるフィンコンフォートの工場を視察したことあるのですが、もっとも印象的だったことは、1足作る上でのほとんどの工程が熟練職人による手作業だった、ということですね。

しかも、東ヨーロッパやアジアに生産拠点を移しているメーカーが多い中、フィンコンフォートはmade in Germanyを貫いているんです。

とにかく彼らの靴づくりに対するこだわりっていうのが、本当に凄いんですよね。

15年前に見ることができた彼らのその姿勢に、僕は「ドイツ」という国の本質を見ることができた気がしました。

そんなことで僕がこのブランドをオススメしている理由を3つほどお話ししたいと思います。



僕がこのブランドをオススメしている3つの理由


①履き心地の良さ

まず1つ目は、なんと言っても、「履き心地の良さ」ですね。

ドイツ職人の高い技術と経験に支えられ、整形外科学や解剖学の知識に基づいて開発されたフィンコンフォートの靴は、歩くことの楽しさを教えてくれるはずです。

ゆったりとしていてストレスのない指先。

独特のなめしによる強い耐久性としなやかな仕上げの天然の革が、足をやさしく包み込んでくれるはずです。
また、環境汚染の原因にはならない衝撃吸収力のあるアウトソールを使用していて、アスファルトの衝撃から足を守ってくれます。


②高品質なインソール

2つ目は、足裏にフィットする絶妙なアーチ形状をしたインソールですね。
ドイツではアインラーゲンと呼ばれています。

このインソールが、まぁとにかく気持ちいいんですよ。

僕も生まれて初めてフィンコンフォートの靴に足を入れたときは衝撃的でした。

このインソールですが、コルク素材をベースに、表面は天然の革で仕上げられているので、汗を適度に吸い込んでくれます。

もちろん、年数が経って汚れてきたら張り替えることもできますから、この辺も安心できますよね。

あとは、これだけインソールに厚みがありますから、様々な足の悩みを抱えている方のために、いろいろな加工方法でカスタマイズすることができて、そうすることによって痛みや疲れをより軽減させたり、歩行をより安定させたりすることができる優れものです。

場合によっては、インソールの形状が部分的に合わなかったり、硬く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そういう場合は当店で調整してさせていただきますのでご安心ください。



③修理して長く履けること

最後の3つ目は、修理して長く履ける、ということですね。
ほとんどの箇所で修理可能で、環境に配慮した素材を使っているところもフィンコンフォートの特長です。

お気に入りだった靴がいつのまにか廃番になっていて、修理することもできない・・・ということがフィンコンフォートにはほとんどありません。

フィンコンフォートを提案する立場からしても、自信を持ってオススメできる理由がここにあるんじゃないかなぁって思っています。


以上がフィンコンフォートをオススメしている理由になりますが、フィンコンフォートの良さをひと言でまとめるとしたら、なんといっても「安心感」ですね。


足を入れた時の「安心感」。
足が痛くならないという「安心感」。
5年、10年と修理しながら長く愛用できる「安心感」。


ぜひあなたにも、このフィンコンフォートの安心感というものを体感していただきたいものです。

ご遠方の方のために、フィンコンフォートを取り扱っている全国の店舗情報のリンクを貼っておきますので、興味がある方はチェックしてみてください。

※全国のフィンコンフォート取扱店舗情報 
http://www.finncomfort.jp/sh/


ということで、今回はフィンコンフォートという靴のブランドをご紹介させていただきました。



関連記事