靴を履くときは、「トントン、キュッ!」 〜コラム〜


靴は毎日「しっかりと」履かれていますか?
ただ何となく靴を履くのではなく、靴を「しっかりと」履いているかどうかが、とっても大事なことなんですね。

なぜなら、靴の履き方ひとつで、外反母趾やウオノメ、巻き爪などをはじめ、様々な足のトラブルを引き起こしてしまう可能性があるからです。(もし、身に覚えがあるようでしたら、ぜひ最後まで読んでみてくださいね)



見出しで、『トントン、キュッ!』と書きましたが、それは靴を履く時に、踵を地面に「トントン」として、紐を指先の方から1本ずつ順にたぐり寄せ、最後に「キュッ!」と締める。

たったこれだけのことです。

でも、たったこれだけのことですが、なかなかできない方が多いのが現状です。

「いやぁ、そうは言っても朝忙しくて、ついつい・・・」
「履き脱ぎが多い仕事なので、なかなか・・・」

確かに、忙しい毎日の生活では、靴の履き方まで気を配ることができない状況かもしれません。でも、1日24時間あるうちの「たった30秒」のことですから、足の健康のためにぜひその時間を作ってほしいものです。

毎回しっかりと靴紐を締めずに、長時間歩いたりすると、以下に挙げるような弊害が生じる可能性があります。

・靴の中で足が泳ぎ、タコやウオノメなどができやすくなる
・足が前すべりしたり、足首が不安定になったりする結果、外反母趾や内反小趾、巻き爪など、さまざまな足のトラブルを起こしやすくなる
・趾先をうまく使って歩けなくなり、歩き方や姿勢が悪くなる。

などなど。

ん~・・・靴の履き方を間違えるだけで、こんなトラブルを起こしたくないですよね。しかも、膝痛や腰痛、肩凝り、頭痛など、足以外の身体の問題が生じる可能性も十分に考えられます。

毎回の「トントン、キュッ!」で、趾先が自由に使えるようになり、足のトラブルも予防できるなんて・・・。しかもその結果、歩く姿勢が若々しくなり、歩くことが今よりももっと楽しくなるはずです。

たった30秒のことです。

あなたの大切なお足のため、身体の健康のために、ぜひしっかりと靴を履く習慣を身につけてくださいね。

 


足と靴のコラム

臨機応変さ
「臨機応変さ」を大切にしたい靴選び。

僕の仕事柄、足のためにはこういう靴を履くべきですよ!みたいな「〜すべき論」を展開しまいがちなので、そういう「〜すべき論」から一歩引いて、できるだけ柔軟で臨機応変な姿勢で靴を・・・つづきを読む

前滑り
ヒールのある靴を履いている時に、足が前に滑ってしまうのを防ぐ3つの方法

3センチ以上のヒールがある靴(パンプスやブーツ)ですと(当店ではヒールが5センチ以上のものは扱っていませんが)、どうしても重心が前のめりになりますので、靴の中で・・・つづきを読む

転倒予防のために日頃からできる5つの習慣

今でも心に焼き付いている(確か)92歳のおじいちゃんがいます。そのおじいちゃんは、5年ほど前に放映されたNHKの「ためしてガッテン」に登場されました。最初、モグラたたきゲームに・・・つづきを読む

子どもの足
子どもの靴選びのポイントとは?

「子どもが痛いって言わないから、まだ新しく買い換えなくて大丈夫だわ。」「子どもの時期は足が早く大きくなるから、靴も大きめを選んでます。」「とにかく履かせやすい靴がいいですよ・・・つづきを読む

外反母趾のための靴選び
外反母趾の原因は靴にあり?!

外反母趾は足の親指がくの字に曲がってしまう症状で、特に初期の段階で痛みを伴い、症状が悪化すると、人差し指に乗ってしまったり、関・・・つづきを読む

CSソックス
靴選びと靴下(ソックス)はセットで考えよう

「実際にこの靴を履くときの靴下の厚みは、今日履かれている靴下(ソックス)と同じぐらいですか?」 これは、僕がお客さまに靴をご提・・・つづきを読む

足の骨格
まずは自分の足を知ろう。

足と靴の悩みや不安を抱えるあなたにとって、自分の足を知ることが一番最初のステップになります。「足って、どんな構造をしているの?・・・つづきを読む



靴選びのコンテンツ

靴のラインナップ

足のことを医学的に考えて作られた、履き心地のいい最高品質の靴をご提案します。ドイツ、スイス、オーストリアなど、デザイン性と機能・・・つづきを読む

足のお悩み別「靴の選び方」

「自分の足に合った靴が見つからない」「外反母趾が痛くて履ける靴がないんです」「リウマチの痛みで歩くことが楽しくない」そんな悩み・・・つづきを読む

ライフシーン別「オススメ靴」

日常における様々なシーンにおいて、足元の悩みは実にさまざま。今回、仕事やウォーキング、旅行など、ライフシーン別でオススメしたい・・・つづきを読む