ヒールのある靴を履いている時に、足が前に滑ってしまうのを防ぐ3つの方法 〜コラム〜




3センチ以上のヒールがある靴(パンプスやブーツ)ですと(当店ではヒールが5センチ以上のものは扱っていませんが)、どうしても重心が前のめりになりますので、靴の中で足が前に滑りやすくなります。

そこで今回は、そういった時にご提案している3つの方法を簡単にご紹介させていただきます。(※パンプスに関しては、甲を留めるストラップ付きのものであることが前提ですが、ストラップが付いていないものでもある程度は改善が望めます)

 






1つ目は、インソールの表面を滑りにくい素材にする方法です。


要するに、足裏とインソール面の間の摩擦力を上げることが目的ですね。

この方法でフィッティングが改善することが多々あります。

調整代は、当店でお求め頂いたブーツやパンプスでしたら無償でさせていただいております。(お持ち込みの靴は、2000円(税抜)を頂いております)

 

 

2つ目は、インソール自体を足に合わせてお作りする方法(オーダーインソール)です。


今日ご紹介する方法の中では、このオーダーインソールが一番効果的な方法ですね。

足裏がインソールとフィットして、土踏まずで重心が取れるようになると、靴の中で足が前に滑りにくくなりますし、長時間歩いても疲れにくくなります。

オーダーインソールは種類がいろいろとありますが、取り外しなどが効かないパッドタイプですとおよそ5200〜9200円(税抜)で、取り外し可能でどのブーツでも使用できるようなインソールですと18000円(税抜)となります。(当店のブーツでもお持込みのブーツでも同じ価格です)


 

3つ目は、靴の内側を調整する方法です。


こちらは1400〜2000円ほどの調整ですが、言葉で説明するのも難しいですし、とりあえず当コラムでは企業秘密ということですみません。。。

興味がおありの方はお店でお声掛けくださいね。


ということで、ヒールのある靴を履いている時に、足が前に滑ってしまうのを防ぐ方法をご紹介させていただきました。

 






足と靴のコラム

臨機応変さ
「臨機応変さ」を大切にしたい靴選び。

僕の仕事柄、足のためにはこういう靴を履くべきですよ!みたいな「〜すべき論」を展開しまいがちなので、そういう「〜すべき論」から一歩引いて、できるだけ柔軟で臨機応変な姿勢で靴を・・・つづきを読む

転倒予防
転倒予防のために日頃からできる5つの習慣

今でも心に焼き付いている(確か)92歳のおじいちゃんがいます。そのおじいちゃんは、5年ほど前に放映されたNHKの「ためしてガッテン」に登場されました。最初、モグラたたきゲームに・・・つづきを読む

子どもの足
子どもの靴選びのポイントとは?

「子どもが痛いって言わないから、まだ新しく買い換えなくて大丈夫だわ。」「子どもの時期は足が早く大きくなるから、靴も大きめを選んでます。」「とにかく履かせやすい靴がいいですよ・・・つづきを読む

外反母趾のための靴選び
外反母趾の原因は靴にあり?!

外反母趾は足の親指がくの字に曲がってしまう症状で、特に初期の段階で痛みを伴い、症状が悪化すると、人差し指に乗ってしまったり、関・・・つづきを読む

CSソックス
靴選びと靴下(ソックス)はセットで考えよう

「実際にこの靴を履くときの靴下の厚みは、今日履かれている靴下(ソックス)と同じぐらいですか?」 これは、僕がお客さまに靴をご提・・・つづきを読む

靴の履き方
靴を履く時は「トントン、キュッ」

靴は毎日しっかりと履かれていますか?
そう、靴を「しっかりと」履いているかどうかが、とっても大事なことなんですね。な・・・つづきを読む

足の骨格
まずは自分の足を知ろう。

足と靴の悩みや不安を抱えるあなたにとって、自分の足を知ることが一番最初のステップになります。「足って、どんな構造をしているの?・・・つづきを読む




靴選びのコンテンツ

靴のラインナップ

足のことを医学的に考えて作られた、履き心地のいい最高品質の靴をご提案します。ドイツ、スイス、オーストリアなど、デザイン性と機能・・・つづきを読む

足のお悩み別「靴の選び方」

「自分の足に合った靴が見つからない」「外反母趾が痛くて履ける靴がないんです」「リウマチの痛みで歩くことが楽しくない」そんな悩み・・・つづきを読む

ライフシーン別「オススメ靴」

日常における様々なシーンにおいて、足元の悩みは実にさまざま。今回、仕事やウォーキング、旅行など、ライフシーン別でオススメしたい・・・つづきを読む